ライフハック

この発想は無かった!焚き火が長時間燃える薪の組み方!!【アウトドア好き必見】

焚き火が長時間燃える薪の組み方

焚き火が長時間燃える薪の組み方は今まで有ったようで無かった斬新な方法で長時間薪を供給しなくても焚き火が燃え続ける画期的な方法です。

スポンサードリンク
焚き火が長時間燃える薪の組み方

木で蒔き受けとなる(鉄棒の逆上がり補助機のような)傾斜が出来るように2組作りその上に薪となる丸太や枝を積んでいき、重力によって中心部で薪が重なり持続的に薪が供給される仕組みだ。

普通に薪を交差して組む場合は薪を手動で供給しないといけないが、この方法だと火力調整が必要だが長時間放置しても燃え続ける。 だからといって長時間目を離すと火事になるのでしっかり監視しよう。下準備が大変だけどいつもと違うアウトドアを楽しめるはず。

引用元:redneck-ingenuity

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら
いいね!してね
いいね!があると嬉しいいね!
Twitterでギグログを

関連記事

ピックアップ記事

週間ランキング

まだデータがありません。