ライフハック

壁に穴を開けてしまった時の修理方法は隠すより見せるセンス

壁に穴を開けてしまった時の修理方法

壁に穴を空けてしまって顔面蒼白になった事はないだろうか。修理費が頭を過ぎって心身穏やかじゃない、出来ることなら誰かに見つかる前に修理方法を調べて自分で壁穴を修理したい。そんな場面でセンスのある修理方法が海外で有りましたのでご紹介します。

スポンサードリンク

大抵穴を開けるのは子供か夫だ。子供の場合は「家の中で暴れるな!」、まー子供だから仕方ないか。となるが夫の場合は悲惨で妻に滅多打ちに怒られるのは避けては通れませんね。世界中のお父さん心中お察しします。

しかしアメリカでは恋人同士がセンスのあるユニークな方法で壁の穴の修理を行った。 2015年の感謝祭の日に彼氏が階段から落ちた際に大きな穴を開けてしまった。 本来なら滅多打ちに怒られそうだが、その恋人達は感謝祭の記念に壁に空いた穴に額縁を設置して芸術作品に仕上げた。

なんともセンスのあるアメリカらしい素敵な修理方法だ。壁穴は2人の素敵な思い出として額縁の中にずっと存在するでしょう。皆さんも壁に穴を開けたりした場合は額縁を設置して思い出として存在させるための修理をするもの良いかも知れませんね。

アメリカでは感謝祭(11月の第4木曜日)の日に収穫を祝う祝日がある。感謝祭の日からクリスマスを挟んで年始までの間、アメリカ国内は祭りムードに包まれる。

reference:imgur

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら
いいね!してね
いいね!があると嬉しいいね!
Twitterでギグログを

関連記事

ピックアップ記事

週間ランキング

まだデータがありません。