アート・デザイン

幼少時に白斑症と診断され自身の白斑を芸術に変えた女性の生き方

自身の白斑を芸術に変えた女性、白斑症の画像1

白斑症で悩んでいる方も多くおられるだろう、海外では白斑症を患った女性の生き方に世界中から賞賛の声が届いている。そんな彼女の白斑症との向き合い方を紹介したい。

スポンサードリンク

彼女は12歳の時に白斑症と診断された。10代後半には白斑が全身に拡大し彼女は白斑にコンプレックスを持つようになってしまった。彼女を見た小さい女の子は「漂白剤を浴びちゃったの?」と無垢に聞いた。それ以来彼女は酷く落ち込んでしまった。

白斑症とは

白斑症は皮膚の色素喪失が原因となる皮膚疾患で色素が抜け皮膚が白くなる病気である。 日本でも約90万人が白斑症を患ってると言われています。 詳しく知りたい方は「白斑:公益社団法人日本皮膚科学会」をご覧下さい。

白斑と共に生きる女性の生き方

落ち込む日々が続く彼女は前に進むために長袖を着ない挑戦をはじめた。彼女は自身の白斑を隠すことなく自分の一部と捉え、白斑の淵に黒色のマーカーで色を塗り芸術として表現した。 世界地図を描いてみたり、ゴッホの絵を描いてみたりして、より美しく見せる努力を重ねた。

誰でもコンプレックを持っている。しかし彼女は自身のコンプレックスを芸術という側面から乗り越え白斑と共に生きていく生き方を選んだ。

彼女は私の表現が誰かのインスピレーションになればと思っている。私の白斑アートは人から見れば不完全と思われるかもしれない、でも私はもっと美しい作品にしていきたいと力強く語った。

自身の白斑を芸術に変えた女性、白斑症の画像9 自身の白斑を芸術に変えた女性、白斑症の画像3 自身の白斑を芸術に変えた女性、白斑症の画像5 自身の白斑を芸術に変えた女性、白斑症の画像4 自身の白斑を芸術に変えた女性、白斑症の画像7 自身の白斑を芸術に変えた女性、白斑症の画像6 自身の白斑を芸術に変えた女性、白斑症の画像8 自身の白斑を芸術に変えた女性、白斑症の画像2

出典:radiantbambi

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら
いいね!してね
いいね!があると嬉しいいね!
Twitterでギグログを

関連記事

ピックアップ記事

週間ランキング

まだデータがありません。